【信】紺碧、【FF】Fenrirでの猫侍による出来事を綴ってます。since 2004/09/30 by rajendora
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はやりたいことがあったので、知行のみ。
雑賀郷で挨拶、挨拶っと。


で、やりたいこととは・・・
PCのメンテナンス。

興味のない人は読み飛ばしてください・・・。


PSUに備えて、HDDの空き容量チェックと、デフラグ、ドライバアップデートなどなど。

まずはHDD空き容量。
ん~、足りてはいるけど、要らないソフトは消すか。

次、デフラグ。これは後回しで。

ドライバ。
導入当初から変えてなかったので、安定したバージョンを検索、更新と。
(最新がいいとは限らない・・・)

最後に、グラフィックのオーバークロックチェックもしてみました。
元はコアクロック 325MHz、メモリクロック 600MHz。
最大は30%増しまでOKの模様。
これで常用はしたくないので、auto over clockingでシステム任せにすると・・・
ベンチマークでは約10%程度アップかな。
これでいいや。仕様上も±10%くらいは許してるはずだし。
あと、すでに1年半使ったGPUなので、寿命は短くなっても問題なしっと。
GPUの温度は59℃=>62℃と多少上がりますけど、これも問題なし。

あと試したのはdisableになってる(はずの)パイプラインをenableにするというもの。
うちはGeforce 6800を使ってるんですが、これはピクセルが16本中12本、
バーテックスが6本中5本しか使っていません。上位モデルに耐えられないのが
下位モデルになる場合と、販売戦略上、わざとdisableにしてある場合があります。

riva tunerで確認すると・・・
ぐぁ・・・maskで殺してあるんじゃなくて、設定変更自体が出来ない・・・
というわけで、失敗に終わりました。

あとで情報を検索してみたところ・・・
~~~
http://fcj.s18.xrea.com/po/nvidia/nv_gf6800p.php
→下位モデルの6800/6800LEは元から12ppl/5vsのチップなので、
NV40とは違いRivaTuner等を使用しても16ppl/6vsへ改造することはできない。
~~~

うちのPCI-Eの6800はNV41のRev.A2。
ってことで、元々12/5仕様だった模様。
残念~。

#あ、デフラグするの忘れた。

【2006/08/24 23:01】 | ├ 雑記
トラックバック(0) |


rajendora
な!
かえでんが食いついてくるとは<s>おじさん</s>おにーさん思わなかったよ。

うちはタワー型の自作PCですので、冷却に余裕があるのと、壊れても(寿命が短くなっても)まぁいっかぁ~、という性格なので遊び程度にいじってるわけです。
ノートの場合は設計自体がシビアで、余裕がないことが多いので、そのままで使うことをお勧めします(自分もノートはそのまま使ってる)

最後の2行は・・・よく分からないので、信チャットででも。



かえでん
濃いお話、堪能させていただきました・-|
おーばーくろっくは怖くて試した事がないですねぇ。
発熱やばめのノートだし…。
デフラグとHDの整理は私もしないとです。
オリンピックの動画(8時間)が…
いいリッピングソフトがないかなぁと探しております。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
な!
かえでんが食いついてくるとは<s>おじさん</s>おにーさん思わなかったよ。

うちはタワー型の自作PCですので、冷却に余裕があるのと、壊れても(寿命が短くなっても)まぁいっかぁ~、という性格なので遊び程度にいじってるわけです。
ノートの場合は設計自体がシビアで、余裕がないことが多いので、そのままで使うことをお勧めします(自分もノートはそのまま使ってる)

最後の2行は・・・よく分からないので、信チャットででも。
2006/08/26(Sat) 13:27 | URL  | rajendora #79D/WHSg[ 編集]
濃いお話、堪能させていただきました・-|
おーばーくろっくは怖くて試した事がないですねぇ。
発熱やばめのノートだし…。
デフラグとHDの整理は私もしないとです。
オリンピックの動画(8時間)が…
いいリッピングソフトがないかなぁと探しております。
2006/08/25(Fri) 17:27 | URL  | かえでん #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。