【信】紺碧、【FF】Fenrirでの猫侍による出来事を綴ってます。since 2004/09/30 by rajendora
えー、どこからか、早く日記を書け!光線がでてるらしいので。急いで書き書き。
とりあえず、戦況はどうなってるかな~と、待機させてある猫侍を起動。

と、すぐに「N狩りしませんか~?」との対話あり。

えー、猫は家老ですから勲功はいらない・・・経験と目録は欲しいけど、今から狩りを始めると寝るのがかなり遅くなりそうなので、辞退。
(鍛冶と巫女だったら喜んで参加していたかもしれないけど・・・)

まぁ、合戦場というより、N狩り楽園って感じでした。はい。

1時間くらいで出来ることないかな~と雑賀郷でまたーりしてると、
「雑賀に仕官したいんですが、名声が足りません。どなたか協力して頂けませんか?」
との大声が。

お。こりゃ、手伝わねば!ってことで、「喜んで~」と名乗りをあげ。

いそいそと装備を脱いでいたら、「あ・・・すいません、名声足りちゃいました」との対話。
「そうでしたか~。雑賀にようこそ!」と返事して、一件落着。
高レベルの薬師さんでした。
いずれ組むこともありそうです。

で、結局なにをしたかというと・・・
薬を作ってました。(`・ω・´)モリモリと。

やっと調合3を皆伝しました・・・。
秘薬調合に入りましたが、次の匠まであと1万か・・・。
まだ先は長そうです。(そっからも長いんだろうが・・・)

【2005/09/15 12:21】 | ├ 信オン日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック